火災保険はどうやって選べばいいの?仕組みと料金について

火災保険はどうやって選べば良いの?

火災保険に加入するときには、補償される内容を比較しましょう。商品を販売する会社ごとに補償内容は違うので、パンフレットを読んだり、代理店窓口などに足を運び、詳しい説明を受けるのが良いです。一般的に、火災保険では火災、落雷、破裂、爆発についてはほとんどの保険商品で補償されています。水災、飛来、落下、盗難などは補償をつけない選択をすることも可能です。保険料を少しでも安くしたい場合には、付帯される補償が本当に必要かどうか考えましょう。

どんな補償がされるの?

住宅を購入することを決めたら、物件に火災保険をかけるようにしましょう。火災保険に加入していると、火災や災害の被害にあった時、建物の修理費用だけでなく、他人に損害を与えたり何かを破損したりした時にも補償がされます。さらに、地震保険は、地震、津波、噴火などの大きな災害による損害を補償することができます。地震保険料は火災保険に付帯することで、最大30パーセントの負担を減らすことが出来ます。家屋が補償の要件に合っているか確認しましょう。

火災保険を保険料から選ぼう

火災保険の対象となるものは建物と家財に分けられます。保険料は、それぞれ保険金額に構造や料率をかけて計算されます。保険の対象になる建物の構造によって保険料率が異なり、古い建物など燃えやすい建物ほど保険料が高くなります。料率は地域によって差があります。台風の多い地域や地震が起きると予測される地域は水準が高く設定されています。この水準は保険会社のホームページなどで紹介されているので、チェックしてみましょう。また、保険会社によっても基本料率に差があります。

火災保険とは、万が一火事に合った時に受ける、建物や物品など、財産に値する持ち物の損害を補償するための保険です。

Posted by / 2016年 7月 24日