ここが重要!クレジットカードの審査基準の大切な3つのポイント

もちろん大切!収入と勤続年数

クレジットカードの審査で最も重要なポイントとして、年収や同じ会社での勤続年数といった「社会的信用」が挙げられます。一定以上の収入を得ている事が必須である事は誰もが把握していますよね。収入が多くなければいけないという事はなく、安定した収入を証明する事が大切となっているんですよ。勤続年数の審査基準も数年以上と長期間ではなく、最低でも半年と働き始めたばかりでなければ審査を通過出来るクレジットカード会社が多くなっています。

意外な落とし穴?利用履歴について

意外な落とし穴となっているのが「クレジットカード・キャッシングの過去の利用履歴」です。ここでの審査基準として、携帯電話・スマートフォンの機種代を分割払いにしている場合は利用履歴に含まれるといった点が挙げられるんですよ。審査に通過出来なかったいう方の多くは、携帯料金を滞納や遅延を起こしているので審査を受ける前にはしっかりと支払いが完了している事を確認しましょう。また、過去の利用履歴では金額の大きさではなく返済期日を守れているといった点が重要視されています。

してはいけない?審査を受ける際の注意点

クレジットカードの審査を受ける際には、してはいけない注意点が存在しているって知っていましたか?審査に通過出来るか不安に感じて同時に複数の会社の審査に申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」として登録されてしまうので注意が必要です。各クレジットカード会社のホームページには簡単審査等が用意されているので利用してみると良いでしょう。また、万が一、審査に落ちた場合には1ヶ月程度期間を空けて他の会社に申し込む事も必要となります。

クレジットカードを作ろうと思ったらクレジットカードの審査に通る必要があります。支払い能力があるかどうかを確認するためです。

Posted by / 2016年 7月 25日