生前から税理士に相談!?意外と知らない相続の知識!

生前から税理士に相続を相談する

親が死亡して相続が発生した時に改めて親の資産はどのようなものがあるのかを確認する必要があります。それらをもとに相続税を計算し申告をするのですがその計算方法も難しいです。そのようなことを考えて、事前に相続に関して税理士に相談している人もいます。親として事前に保有している資産を予め洗い出しておくことで、万が一の際にあわてる必要がないのです。昨今の高齢化が進んでいる中で、このように生前から税理士に依頼するケースが増えています。

事前に明確にしておくことでのメリット

生前から税理士に依頼する理由の多くは相続税を抑えるためです。そのために生前に何をしておくべきかを指導してもらうのです。税理士から指導される方法のひとつに生前贈与があります。年間で110万円以内の贈与であれば課税されないという法律があるため、それを利用して毎年贈与の契約により贈与して、親が保管する資産を減らしていくのです。そのためにも生前に親がどれだけの資産を持っているのかを明確にしておくことが必要で、この方法により何年間おこなえばいいのかを知ることが大切です。

相続に関する知識を得ておくと便利

相続税を計算する際には控除額があります。親の資産がその計算により算出される控除額以内になれば、通常の税額計算をしても課税されることがなくなります。その計算方法も税理士から指導されるために目安として覚えておくと便利です。またその計算で相続人の数も重要になってきます。そのため資産同様に誰が相続できる資格を持っているのかも確認しておくことが大切です。そのような意味でも生前に税理士に相談して知識を得ておくことで万が一の際には納得いく結果が得られます。

相続税の税理士は、遺産相続の際に支払う必要のある税金の計算や、行政機関への書類の提出を代行してくれます。

Posted by / 2016年 7月 25日